人気ゲーム「.hack」が3D長編アニメ化、主人公に桜庭ななみ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月23日 > 人気ゲーム「.hack」が3D長編アニメ化、主人公に桜庭ななみ
メニュー

人気ゲーム「.hack」が3D長編アニメ化、主人公に桜庭ななみ

2011年8月23日 15:56

桜庭ななみ、女子中学生・そらの声を担当「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」

桜庭ななみ、女子中学生・そらの声を担当
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 株式会社バンダイナムコゲームスがシリーズ累計販売本数300万本以上を記録するアクションRPG「.hack」シリーズを原作とした、フル3DCG長編アニメ「ドットハック」(松山洋監督)を製作することになり8月23日、東京・秋葉原のUDXシアターで発表会見を行った。会見には株式会社サイバーコネクトツーの代表取締役社長でもある松山監督、脚本を手がける伊藤和典をはじめ、ヒロインの声優を務める桜庭ななみ、共演する松坂桃李田中圭らが出席した。

2002年のプロジェクト発足以来、アニメ、書籍、コミック、ラジオなどと連動し、多くのファンを獲得した同シリーズを、完全オリジナルストーリーで映画化。バンダイナムコゲームスにとっては「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」(9月3日公開)に続く劇場用3Dアニメーションの第2弾となる。舞台は2024年。ごく普通の女子中学生・そら(桜庭)は友人に誘われ、世界最大規模のオンラインゲーム「THE WORLD」に参加。翔(松坂)や智彦(田中)とともに仮想世界での冒険に夢中になるなか、「THE WORLD」内で発生した異変が猛スピードで現実世界を侵食し始める。

松山監督は「ゲーム会社として培ったノウハウを映画作りに発揮させていただいた。シリーズの特徴であるゲームとリアルの二面世界を舞台に、仮想空間のトラブルがいかに社会的な影響を与えるかを描けたら。もちろん、前情報なしで1本の映画として楽しめるものを目指す」と意気込み。プロジェクトの創設メンバーである伊藤は「10年分の思いを脚本にぶち込んだ」と自信のアピールだ。

サマーウォーズ」以来2度目の声優抜てきとなった桜庭は「何度挑戦しても、声優は難しいですね。でもキャラクター設定が私に近い部分が多くて、演じるのは楽しかった」。松坂と田中はともに声優初挑戦。「最初は感情を乗せにくかった。ふだん通りだとアニメに合わないし、役に対して違ったアプローチをした」(松坂)、「自分の気持ちが届いているのか不安になることも。最後のほうは楽しめました。中学生役なので、ちょっとかわい子ぶって(笑)」(田中)と振り返った。

「ドットハック」は2012年1月から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi