レイ・ブラッドベリが半自伝的小説「たんぽぽのお酒」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月22日 > レイ・ブラッドベリが半自伝的小説「たんぽぽのお酒」を映画化
メニュー

レイ・ブラッドベリが半自伝的小説「たんぽぽのお酒」を映画化

2011年8月22日 11:19

半自伝的小説を映画化「ブラック・スワン」

半自伝的小説を映画化
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月22日、91歳の誕生日を迎えた米作家レイ・ブラッドベリが、半自伝的小説「たんぽぽのお酒」の映画化をプロデュースすることがわかった。

1957年に発表された「たんぽぽのお酒(原題:Dandelion Wine)」は、1928年の米イリノイ州グリーンタウンを舞台に、12歳の少年ダグラス・スポールディングがひと夏に体験した出来事を描いたファンタジー小説。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、ブラッドベリはこのほど、「ブラック・スワン」「シャッターアイランド」で知られる米フェニックス・ピクチャーズのプロデューサー、マイク・メダボイと組んで、同作の映画化にあたるという。脚本を、ウクライナ出身のロディオン・ナハペトフが手がける。監督、キャストは未定。

ブラッドベリは、今回の企画について「望みうるかぎり最高の誕生日プレゼント。今日、私は生まれ変わる!」とコメント。そして「『たんぽぽのお酒』は私の最もパーソナルな作品で、純粋な喜びと恐怖を同時に呼び起こす。少年時代の私自身、そして忘れがたいひと夏の魔法の物語であり、いまもなお私を不思議な力でとらえて離さない」と作品への思い入れを語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi