高田延彦「子育てに答えはない」イクメン映画に共感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月18日 > 高田延彦「子育てに答えはない」イクメン映画に共感
メニュー

高田延彦「子育てに答えはない」イクメン映画に共感

2011年8月18日 17:53

高田延彦「子育ては親育て」!「うさぎドロップ」 高田延彦「子育ては親育て」!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの高田延彦が8月18日、育児に励む男性“イクメン”の奮闘を描く「うさぎドロップ」の男性限定試写会に出席。会場となった東京・六本木のシネマート六本木で、約100人の一般男性とともに映画を鑑賞し「子育てに答えはない。一喜一憂しながら、子どもという人格と向き合う難しさは、みんなも同じ。(セリフの)一言一句、うなずくことばかりだった」と2児をもつ経験を踏まえ、共感を示した。

高田は「子育ては時間も体力も持っていかれるもの。ただ、それを犠牲と取るか、自分のための時間と捉えるかで感じ方が違う」。この日も7歳になる子息をしかってきたといい「ちょっとふてくされながら、遊びに行っちゃいましたよ(笑)。私も引きずったままで映画を見て。きっと本人は忘れちゃっているかな」と日常の子育て奮闘を語った。

また、「子どもが親の内に眠っている巨大なエネルギーを引き出してくれる。子育ては親育て」と持論を展開。「私も親の愛を真に理解したのは、子どもをもってから」としみじみと語っていた。原作は累計発行部数170万部を突破した宇仁田ゆみの同名人気漫画。恋人なしの青年ダイキチ(松山ケンイチ)が、亡き祖父の隠し子である6歳の少女・りん(芦田愛菜)を引き取り、不器用ながら子育てに奮闘する。

うさぎドロップ」は8月20日から全国公開。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 寄生獣の評論 寄生獣 哲学的モチーフ、ギリギリの衝撃映像、役者の力が後編への期待をあおる
  • フューリーの評論 フューリー ディテールにこだわった体感型戦争映画の新たな到達点
  • くるみ割り人形の評論 くるみ割り人形 35年もの歳月を遡及する増田セバスチャンとサンリオとの出逢い
映画評論の一覧を見る