米ディズニー重役「映画にストーリーは重要じゃない」発言が物議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月17日 > 米ディズニー重役「映画にストーリーは重要じゃない」発言が物議
メニュー

米ディズニー重役「映画にストーリーは重要じゃない」発言が物議

2011年8月17日 15:00

[映画.com ニュース] 映画の成功にストーリーは関係ないとする、米ウォルト・ディズニーの重役の発言が物議を醸している。

事の発端は、コンピューターグラフィックスの国際会議SIGGRAPHで、米ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオでチーフ・テクニカル・ディレクターを務めるアンディ・ヘンドリクソンが行ったプレゼンテーション。バラエティ誌によれば、ヘンドリクソンは「映画にはストーリーが肝心と言われているが、テントポール映画に関していえば、そんなのはデタラメだ」と話した。

テントポール映画は超大作映画のことで、観客が大作映画を見にやってくるのは、良質なストーリーではなく、映像的な迫力を求めているからだ、とヘンドリクソンは力説。その根拠として、同社の大ヒット映画「アリス・イン・ワンダーランド」を例に挙げ、「ストーリーはたいしたことがない。しかし、スケールたっぷりの映像が大量の人々を引き寄せた」と説明した。

ヘンドリクソンはテクニカル担当のため、迫力のある映像こそが映画のヒットにつながっていると確信しているようだが、所属するスタジオは数年前からピクサーを参考にストーリー第一主義を掲げていることで知られる。身内の問題発言に対し、ピクサーとディズニーを統括するエド・キャットマル社長、およびチーフ・クリエイティブ・オフィサーのジョン・ラセターの対応が気になるところだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi