大泉洋、小雪のオーラに圧倒されっぱなし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月17日 > 大泉洋、小雪のオーラに圧倒されっぱなし
メニュー

大泉洋、小雪のオーラに圧倒されっぱなし

2011年8月17日 18:42

巨大うちわを持つ大泉洋(右から2番目)、小雪、 松田龍平、橋本一監督「探偵はBARにいる」

巨大うちわを持つ大泉洋(右から2番目)、小雪、
松田龍平、橋本一監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大泉洋が主演する映画「探偵はBARにいる」の完成披露試写会が8月18日、東京・銀座の丸の内TOEI1で行われ、大泉をはじめ共演の松田龍平小雪橋本一監督が舞台挨拶に立った。

東直己の人気探偵小説を映画化する同作は、シリーズ10作を誇る“ススキノ探偵シリーズ”の1作目のタイトル。映画では、2作目となる「バーにかかってきた電話」の内容が描かれる。根城にしているバー「ケラー・オオハタ」で寛ぐ探偵(大泉)のもとに、謎の女“コンドウキョウコ”から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼を受ける。簡単な仕事のはずだったが、直後に命を狙われるはめになる。

大泉は、1995年に芸能界デビューした北海道テレビの深夜番組「モザイクな夜V3」に触れ、「16年ほど前、すすきのを舞台にもも引きをはいて元気くんというキャラクターでクラブやキャバクラをレポートしていた。探偵として帰ってこられて感無量です」。そんな大泉に対し、小雪が「現場でもお人柄が出ていて、共演者たちにも、いちスタッフのような態度で……」と話すと、「それは細やかな気遣いという意味ですよね? 僕、主演として現場にいたわけですが」とツッコミを入れ、場内の爆笑を誘っていた。

その後の舞台挨拶は、大泉の独壇場。“舌好調”の様子で、「小雪さんのオーラがすごすぎて、一緒に写真を撮ってもらったのだが、大女優とみっともないファンのおっさんみたいだった」と述懐。そして、「あまりにもひどいのでもう1枚お願いしたら、今度は大女優とテレビ局の編成部長みたいだった」と自虐的に告白した。

撮影では、スノーモービルをスタントなしで運転したり、雪の中に埋められたりと過酷なロケを強いられた。大泉は「ひょっとして、この映画はドッキリかと思った。なんでこんなに大変な思いをしているんだろうと感じたから」とこぼすと、橋本監督が「続編が決まった折には、さらにすごいことを考えておりますので」と話し、大泉らを戦々恐々とさせていた。

探偵はBARにいる」は、9月10日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi