ニコラス・ケイジ、初の3Dアクション主演作で幽霊役に挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月15日 > ニコラス・ケイジ、初の3Dアクション主演作で幽霊役に挑戦!
メニュー

ニコラス・ケイジ、初の3Dアクション主演作で幽霊役に挑戦!

2011年8月15日 11:48

アクション主演作で幽霊役を演じたニコラス・ケイジ「ドライブ・アングリー3D」

アクション主演作で幽霊役を演じたニコラス・ケイジ
(C)2010 M4 FILMS,INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ニコラス・ケイジが初めて挑む、本格的3Dアクション作品「ドライブ・アングリー3D」で、ケイジは幽霊役に挑戦していることが明らかとなった。カルト教団に愛する家族を奪われたジョン・ミルトン(ケイジ)が、ビンテージカーに乗り、繰り広げる復しゅう劇。アンチヒーローを演じるケイジが、役柄について語った。(以下ネタバレあり)

「いつも作品に興味を引かれるのは自分がどんな役を演じるかだ」と出演オファーを受ける際は、その役どころに重きを置くケイジ。本作では、「今回は死んでいる人間、幽霊を演じることができたんだ。自分にとってそれは挑戦で、興味がわくことだった。キャリアに幅が出る役だと思ったんだ」と話す。

セックスをしながらの銃撃戦など、型破りなシーンも多い本作。台本を始めて読んだときは「ショックを受けて、あまり心地よくなかったね」と本心を明かすが、「ちょうど心地の悪い役をやろうと考えていたところで、そこから勉強できると思っていた」という。そして、「ミルトンは地獄から逃げ出した男で、決していい人間ではなく悪者なんだ。本当のアンチヒーロー」と説明する。

ため息が出るほど美しい高級ビンテージカーに過酷なアクションを強(し)い、復しゅうに燃えるミルトンの怒りとともに武器や炎が飛び交う様子を“飛び出し感”を重視した3Dで表現。すぐさま観客を非日常の世界にいざなう、迫力のエンタテインメントに仕上がった。この世のものではないという、ミルトンの設定もすんなりと受け入れられるだろう。

「私はスーパーナチュラル(超自然現象)映画や、SF映画で演じることが好きなんだ。あまり思い上がった言い方はしたくないけど、私はアートの統合を信じている」と語るケイジ。そして「すでに30年以上この世界にいるから、興味を持ち続け、挑戦し続けるためには、複雑で、今までに演じたことのない役を探すことが大事なんだ」と役者魂を見せた。

ドライブ・アングリー3D」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi