マギー審司、大震災を振り返り「風化してしまうことが恐ろしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月12日 > マギー審司、大震災を振り返り「風化してしまうことが恐ろしい」
メニュー

マギー審司、大震災を振り返り「風化してしまうことが恐ろしい」

2011年8月12日 19:47

震災を振り返った気仙沼出身のマギー審司「ひつじのショーン」

震災を振り返った気仙沼出身のマギー審司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本で唯一の子どもの世界映画祭、第19回キンダー・フィルム・フェスティバルのオープニングセレモニーが8月12日、東京・日比谷公会堂で行われた。実行委員長に就任した戸田恵子をはじめ、中山秀征山寺宏一内田恭子ジョン・カビラ佐久間レイ、マギー審司らが出席した。

戸田は3月11日に発生した東日本大震災の被災地を訪れ、ステージ上でアフレコを披露する「ライブシネマ上映」を行ったという。被災地の宮城・気仙沼出身のマギー審司も、「行くと逆にパワーをもらえる。でも風化してしまうことが恐ろしい。(完全に復興するには)まだまだなんです」と真しな眼差(まなざ)しで語った。

開会宣言に際し、同映画祭の常連である山寺が「とにかくみんなに楽しんでもらえれば。素晴らしいフィルムがこんなにある」とアピールすると、佐久間も「本当にあったかい。たとえ言葉がなくても伝わるんです」と笑顔をのぞかせた。

昨年に続き2回目の参加となる内田は、アフレコを振り返り「緊張で何ひとつ覚えていない。今年もそうかも……」と吐露。初挑戦となる中山も、「リハーサルは映像に見入ってしまって、どこを読めばいいのかわからなくなった。何があってもついてきてください!」とアピールした。

キンダー・フィルム・フェスティバルは、8月12、13日に日比谷公会堂、18~21日に東京・調布市文化会館で開催。「どうぶつ会議」(2010)など日本未公開作品のほか、「ひつじのショーン」「リサとガスパール」「きかんしゃトーマス」など23作品が上映される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi