パナソニック、ソニー、サムソン、3D用メガネの新規格開発で協力 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月10日 > パナソニック、ソニー、サムソン、3D用メガネの新規格開発で協力
メニュー

パナソニック、ソニー、サムソン、3D用メガネの新規格開発で協力

2011年8月10日 11:32

[映画.com ニュース] 3Dシステムを開発・販売するXpanD 3Dが、パナソニック、サムソン、ソニーと共同で民生用の3Dメガネ規格の開発で提携することになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

世界有数のTVメーカー3社と3D技術プロバイダーは、「フルHD3Dグラス・イニチアチブ」という名前のもと、民生用アクティブシャッター方式の3Dメガネの標準化を目指すことになる。新たなメガネは2012年に市場に導入される予定で、今年発売されたアクティブメガネ方式の3Dテレビと互換性を持つことになるという。

3Dメガネが標準化されることで、3Dテレビの売上げアップが期待できそうだ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi