ハリソン・フォード「ブレードランナー」続編企画にクールな反応 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月10日 > ハリソン・フォード「ブレードランナー」続編企画にクールな反応
メニュー

ハリソン・フォード「ブレードランナー」続編企画にクールな反応

2011年8月10日 19:35

寛容な態度を示したハリソン・フォード「ブレードランナー」

寛容な態度を示したハリソン・フォード
写真:Retna UK/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1982年のSF映画「ブレードランナー」(リドリー・スコット監督)の続編または前章を製作するプロジェクトが進行中だが、同作で主役デッカードを演じたハリソン・フォードが初めて言及した。

同プロジェクトは、「インソムニア」「しあわせの隠れ場所」の製作会社アルコン・エンタテインメントが、「ブレードランナー」とその原作となったフィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の要素を用いた続編や前章、テレビドラマなどを製作する権利を獲得したもの。なお、オリジナル版をリメイクする権利は含まれていない。

熱狂的なファンの多いカルト作だけに、今年3月に続編の話が報じられて以来、反発する声も多く聞かれる。そんななかフォードは、最新作「カウボーイ&エイリアン」のプロモーション中に、「ブレードランナー」続編企画について聞かれると「特に何の感情もない。あの作品をいじっていいものかどうか、意見を言うつもりもない」とクールな回答。そのうえで、「製作する人たちにきちんと野心があり、何か新しい要素を作品に吹き込めると思うのなら、いいものができるかもしれない」と寛容なところを見せた。

なお、現時点では具体的に始動しているわけではなく、スタッフやキャストもすべて未定。一方、プロデューサー陣が希望する監督候補の筆頭にクリストファー・ノーラン監督がいることが報じられ、レプリカントのロイを演じたルトガー・ハウアーも「唯一、ノーランならOK」とコメントしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi