ジャッキー・チェン「1911」が東京国際映画祭オープニングに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月10日 > ジャッキー・チェン「1911」が東京国際映画祭オープニングに
メニュー

ジャッキー・チェン「1911」が東京国際映画祭オープニングに

2011年8月10日 16:39

ジャッキー、記念すべき100作品目で今年初来日!「1911」

ジャッキー、記念すべき100作品目で今年初来日!
(C)2011 JACKIE CHEN INTERNATIONAL CINEMA
CULTURAL HOLDINGS LIMITED JACKIE
& JJ PRODUCTIONS LIMITED All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャッキー・チェンが総監督を務めた「1911」が、10月22~30日に東京・六本木で開催される第24回東京国際映画祭で、特別オープニング作品として上映されることが決定した。主演のジャッキーは、今年初となる来日を予定している。

中国近代化のきっかけとなった「辛亥革命」から、100年経過したことを記念して製作。「レッドクリフ」のチャン・リー撮影監督がメガホンをとり、構想10年、総製作費30億円がつぎ込まれた。衰退の一途をたどる清王朝を舞台に、国家のために戦地を奔走する革命軍司令官・黄興と若者たちの姿を描く。ジャッキーのほかリ-・ビンビン、 ウィンストン・チャオジョアン・チェンジェイシー・チェンらが出演する。

すでにオーランド・ブルームミラ・ジョボビッチが共演する「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の上映が発表されている。オープニング作品が2本上映されるのは、97年開催の第10回以来14年ぶり、2回目となる。

同作で出演作品が100作を突破したジャッキーは、「復興へと歩み出した、重要な年の特別オープニング作品に選ばれたことを光栄に思います」と感慨もひとしお。そして「自らを犠牲にする英雄というのは、大きな災難が起こったときに現れるものです。ですから私は英雄を望みません。日本が災難に直面している今、少しでも私の映画が日本の皆さんの力になれたらと願っています。日本でお会いするのを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

1911」は、11月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi