マイクル・コナリー「リンカーン弁護士」がテレビドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月10日 > マイクル・コナリー「リンカーン弁護士」がテレビドラマ化
メニュー

マイクル・コナリー「リンカーン弁護士」がテレビドラマ化

2011年8月10日 16:02

[映画.com ニュース] 米作家マイクル・コナリーのベストセラー小説「リンカーン弁護士」が、映画化に続き、今度はテレビドラマ化されることになった。

同作は、高級車リンカーン・タウンカーの後部座席を事務所代わりに、ロサンゼルスに点在する裁判所を駆けめぐる中年の刑事弁護士ミッキー・ハラーが主人公のリーガルサスペンス。マシュー・マコノヒー主演で映画化された「The Lincoln Lawyer」(2011)は、北米で5800万ドル(約45億円)の興行収入を上げるヒットを記録した。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、米ABCはこのほど、映画版を製作したライオンズゲートにパイロット版の脚本を発注。映画同様、原作者コナリーとジョン・ロマーノが脚色にあたる。テレビ版のキャストは未定だが、マコノヒーは出演しないものと見られている。

なおABCは、スカーレット・ヨハンソン主演の映画「私がクマにキレた理由(わけ)」のドラマ化も同時に企画中だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi