原田芳雄さん遺作「大鹿村騒動記」上映延長が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月8日 > 原田芳雄さん遺作「大鹿村騒動記」上映延長が決定
メニュー

原田芳雄さん遺作「大鹿村騒動記」上映延長が決定

2011年8月8日 13:02

原田さん愛用のテンガロンハットと共にフォトセッション「大鹿村騒動記」

原田さん愛用のテンガロンハットと共にフォトセッション
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原田芳雄さんの遺作となった「大鹿村騒動記」のヒット御礼舞台挨拶が8月8日、東京・有楽町の丸の内TOEIで行われた。共演した大楠道代石橋蓮司佐藤浩市松たか子が出席し、阪本順治監督が司会進行を担当。冒頭、松が「携帯電話の電源は切っていただき、マスコミ以外の写真撮影は一切禁止させていただきます」と客席にアナウンスしたり、阪本監督が佐藤に対し「特に聞くことねーや(笑)」と暴言を吐いたりと、笑いの絶えない舞台挨拶で、公開直後に旅立った原田さんをしのんだ。

7月16日に全国97スクリーンで封切り。現在は170スクリーン以上に拡大し、8月7日時点で動員15万人、興行収入1.5億円を記録している(1000円興行のため)。当初、上映期間は3週間だったが、反響の大きさから2週間の延長も決まっている。原田さんは7月11日に行われた完成披露試写会に車いすで出席。16日の初日舞台挨拶は「劇場に階段が多いから」という理由でやむなく欠席したが、直後の19日、強い思いを込めた同作の“船出”を見届けるように逝去した。

妻役の大楠は「ここに立つ私たちは同時に、悲しいことに遭遇し、気持ちが晴れない日々が続いていた。でもこうして作品がヒットし、評判も良いと原田さんに報告できるのはうれしいこと」と感無量の面持ち。石橋も「原田芳雄は大変喜んでいるはず」。キャスト陣は撮影後も交流が続いているといい「ふだんはあまりないこと。きっと大鹿村の精神的な村長である原田芳雄のおかげだと思う」と感慨もひとしおだ。

佐藤は「僕が言うのも失礼ですが、ベテラン勢が軽妙な演技をされている。そして阪本監督の奇抜さがない(笑)王道の演出。こういう映画を原田さんが残していかれたんだな」としみじみ。松は大楠から“本気のビンタ”を食らったシーンを笑顔で述懐していた。

7度目のタッグで原田さんを初の主演に迎えた阪本監督は、「肉体は失っても、意識や言葉が失われることはない。今もきっと、そのへんをピョンピョン飛び回っているはず」。佐藤のほうを見つめながら「かつて“ある俳優”と殴り合いのケンカをしたとき、間に入ってくれたのが原田さんだった」と思い出を語り、「原田さんのためにも、まだまだこの映画を売っていきたい」と思いを新たにした。

フォトセッションでは大楠が、原田さん愛用のテンガロンハットを手にし“6人”での記念撮影が行われた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi