篠原涼子主演「アンフェア」WEBで新企画を始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月5日 > 篠原涼子主演「アンフェア」WEBで新企画を始動
メニュー

篠原涼子主演「アンフェア」WEBで新企画を始動

2011年8月5日 14:00

「アンフェア」WEBで新企画を始動「アンフェア the answer」

「アンフェア」WEBで新企画を始動
(C)2011 アンフェア製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 篠原涼子の主演映画「アンフェア the answer」が、ウェブ上で新たなプロモーション展開を始動させた。ユーザー参加型のゲーム「アンフェア the card」で、実際に劇場に足を運ぶことからスタート。篠原扮する“雪平夏見”の名刺を取得し、明記されているさまざまな情報をもとに裏サイトへアクセスし、ゴールを目指す仕組みだ。

日本映画のプロモーションではなじみが薄いが、アメリカではドラマや映画の宣伝手段として盛んに行われているARG(Alternative Reality Game)を、配給の東宝が採用。日本語に直訳すると「代替現実ゲーム」となるが、全米ではクリストファー・ノーラン監督作「ダークナイト」のプロモーションの一環として活用され、同作を大ヒットに導いたことは記憶に新しい。

ゲームの参加者は、架空のウェブサイトへアクセスしたり、ラジオやテレビの情報に耳を傾けたり、実際に現実世界のどこかへ行ったりしながら、隠されたヒントを収集する必要が生じる。複数のヒントをつなぎ合わせていくことで、1本の大きなストーリーをうかがい知ることができる。

裏サイトでは、未公開のスペシャル映像の鑑賞することができる。特に、登場人物の中から本当の黒幕を推理し投票するコンテンツは秀逸。雪平、一条、村上……といった主要登場人物8人が、最も怪しく見える映像をそれぞれ15秒にまとめた。すべての登場人物を怪しく見せることで、ウェブ上での意見交換を活発化させることが狙い。投票結果はその場で表示せず、公開初日以降に発表する予定だという。

映画は、「ネイルガン殺人」という猟奇的な連続殺人事件をフックに、警察の裏組織に関する機密情報が入ったUSBメモリをめぐり、警視庁内部、東京地検を巻き込んだだまし合いが展開される。雪平は殺人の容疑をかけられながらも、事件の核心に迫るさまがスリリングに描かれる。ゲストキャストとして佐藤浩市山田孝之大森南朋が物語の鍵を握る。

アンフェア the answer」は、9月17日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi