「ファイナル・デッドブリッジ」3D映画史上初のR18指定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月4日 > 「ファイナル・デッドブリッジ」3D映画史上初のR18指定
メニュー

「ファイナル・デッドブリッジ」3D映画史上初のR18指定

2011年8月4日 08:00

今度の死の舞台は、巨大吊り橋「ファイナル・デッドブリッジ」

今度の死の舞台は、巨大吊り橋
(C) 2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC. 
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ファイナル・デスティネーション」シリーズの第5弾「ファイナル・デッドブリッジ」が、3D映画史上初となるR18指定を受けたことが分かった。

スティーブン・クォーレ監督がメガホンをとり、クレイグ・ペリーウォーレン・ザイドが製作を担当。ニコラス・ダゴストエマ・ベルトニー・トッドらが出演している。前作「ファイナル・デッドサーキット」に続き3Dを採用し、迫りくる恐怖を疑似体験できる迫力ある映像で表現。巨大つり橋を舞台に、死の運命から逃れようとする8人の男女の姿を描く。

ポスタービジュアルも公開されており、惨劇の場となったつり橋が死を象徴するドクロとして登場。「おまえは、渡りきれるか」というキャッチコピーが、主人公サムの予知によって死の運命を免れたはずの8人が巻き込まれる、せい惨なトラップを予感させる。

ファイナル・デッドブリッジ」は、10月1日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi