ドリームワークス・アニメーション、パラマウントとの配給契約を離脱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月3日 > ドリームワークス・アニメーション、パラマウントとの配給契約を離脱
メニュー

ドリームワークス・アニメーション、パラマウントとの配給契約を離脱

2011年8月3日 11:18

再見!パラマウント導師「シュレック」

再見!パラマウント導師
KUNG FU PANDA 2(TM)&(C) 2011 DreamWorks Animation LLC.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドリームワークス・アニメーションが、パラマウントとの配給契約を延長しないことを決めたと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ドリームワークス・アニメーションは、配給契約を結ぶパラマウントとともに「シュレック」シリーズや「カンフー・パンダ」シリーズなどのヒット作を製作。しかし、同社のジェフリー・カッツェンバーグCEOは、パラマウントに支払う配給手数料(興行収入の8%)が高いと公然と不平を述べており、現行契約が満了を迎える2012年以降は配給手数料の値下げを要求する構えでいた。

一方、パラマウントは今年7月に新たなアニメーション部門「パラマウント・アニメーション」を発足。第1弾は2014年公開予定で、自社でCGアニメ作品が供給できる見込みが立ったため、ドリームワークスと不利な条件で契約する必要がなくなった。両社の関係は冷め切っていたため契約延長はないと見られていたが、関係者によれば、ドリームワークス・アニメーションはパラマウントからの離脱を正式に決定したという。

しかし、ドリームワークス・アニメーションにとって選択肢は限られている。実写部門のドリームワークスは、ウォルト・ディズニーと配給契約を結んでいるが、ディズニーはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとピクサー・アニメーション・スタジオを抱えているため、ドリームワークス・アニメーションの入る余地はない。

メジャースタジオのなかでアニメスタジオを抱えていないのはワーナーのみであり、そのワーナーもドリームワークス・アニメーションとの契約に消極的だ。メジャーと組むことができなければ、自社で配給をするか、小規模の配給会社と手を組むしかない。今後、カッツェンバーグCEOがどのような決断を下すかに注目だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi