「カーズ」「カーズ2」の盗作訴訟が棄却 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月3日 > 「カーズ」「カーズ2」の盗作訴訟が棄却
メニュー

「カーズ」「カーズ2」の盗作訴訟が棄却

2011年8月3日 11:18

盗作訴訟がブームだそうで「カーズ」

盗作訴訟がブームだそうで
(C)Disney/Pixar
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「カーズ」と「カーズ2」は自作の盗作だとして、無名の脚本家がウォルト・ディズニーを著作権侵害で訴えていた問題で、訴訟が棄却された。

ハリウッド・レポーター紙によれば今年3月、イギリスの脚本家ジェイク・マンダビル=アンソニーは、「カーズ」シリーズは自身のアイデアの盗作であるとして、ディズニーを相手に訴訟を起こした。マンダビル=アンソニーの主張によれば、20年前にカーレーサーを主人公にした「Cookie & Co.」という3部作を企画。2作目のタイトルが「カーズ」で、脚本のサンプルと46台の車のキャラクター解説、10台のキャラクターのスケッチ、さらに、商品化案まで用意していたという。

その企画書をディズニーに送付するとともに、当時ルーカスフィルムの重役だったジム・モリスに直接提案したという。ジム・モリスはその後、「ウォーリー」のプロデューサーとしてピクサー入りし、現在は同社でゼネラル・マネージャーを務めていることから、マンダビル=アンソニーのアイデアが「カーズ」として流用されたと主張していた。

しかし、カリフォルニア州の連邦地方裁判所のバレリー・ベイカー・フェアバンク裁判長は、「カーズ」シリーズと「Cookie & Co.」との間に共通点は見あたらず、そもそも「Cookie & Co.」が20年前の作品であることから時効が成立しているとして、訴えを却下。最近は、無名の脚本家による盗作訴訟が多発しており、コメディ番組「Modern Family」や「My Name is Earl」、アダム・サンドラー主演のコメディ映画「エージェント・ゾーハン」などが標的となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi