「ペット・セメタリー」リメイク版監督にアレクサンドル・アジャ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月3日 > 「ペット・セメタリー」リメイク版監督にアレクサンドル・アジャ?
メニュー

「ペット・セメタリー」リメイク版監督にアレクサンドル・アジャ?

2011年8月3日 17:23

「ペット・セメタリー」リメイク版監督に?「ペット・セメタリー」

「ペット・セメタリー」リメイク版監督に?
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・キングの原作を映画化した1989年のホラー映画「ペット・セメタリー」のリメイク企画で、「ピラニア3D」「ミラーズ」のアレクサンドル・アジャ監督がメガホンをとる可能性が出てきた。

米Twitchによれば、今年2月に企画が持ち上がって以来、実力派の監督探しに余念のなかった米パラマウントは、アジャの起用に向けて現在交渉中だという。03年のスプラッターホラー「ハイテンション」で脚光を浴びたフランス出身のアジャ監督は、これまでにもウェス・クレイブン監督「サランドラ」をリメイクした「ヒルズ・ハブ・アイズ」を手がけている。また、デビッド・クローネンバーグ監督初期の傑作「スキャナーズ」(81)のテレビシリーズ化にもかかわる予定だ。

リメイク版「ペット・セメタリー」の脚本は、同じくキングの原作を脚色した「1408号室」のマット・グリーンバーグが手がけた。  キング自ら脚色にあたったオリジナル版「ペット・セメタリー」は、メアリー・ランバートが監督。トラックが行き交う道路沿いに引っ越してきた一家が、れき死したペットのネコを近所のペット・セメタリー(=動物墓地)の奥に埋葬したところ、猫が生き返る。日を置かずして、今度は幼い息子ゲイジがトラックにはねられ死亡。嘆き悲しむ父ルイスは、ある覚悟を胸に遺体を同じ場所に埋葬する。

アジャ監督の最新作「ピラニア3D」は、8月27日から日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi