「ペット・セメタリー」リメイク版監督にアレクサンドル・アジャ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月3日 > 「ペット・セメタリー」リメイク版監督にアレクサンドル・アジャ?
メニュー

「ペット・セメタリー」リメイク版監督にアレクサンドル・アジャ?

2011年8月3日 17:23

「ペット・セメタリー」リメイク版監督に?「ペット・セメタリー」

「ペット・セメタリー」リメイク版監督に?
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・キングの原作を映画化した1989年のホラー映画「ペット・セメタリー」のリメイク企画で、「ピラニア3D」「ミラーズ」のアレクサンドル・アジャ監督がメガホンをとる可能性が出てきた。

米Twitchによれば、今年2月に企画が持ち上がって以来、実力派の監督探しに余念のなかった米パラマウントは、アジャの起用に向けて現在交渉中だという。03年のスプラッターホラー「ハイテンション」で脚光を浴びたフランス出身のアジャ監督は、これまでにもウェス・クレイブン監督「サランドラ」をリメイクした「ヒルズ・ハブ・アイズ」を手がけている。また、デビッド・クローネンバーグ監督初期の傑作「スキャナーズ」(81)のテレビシリーズ化にもかかわる予定だ。

リメイク版「ペット・セメタリー」の脚本は、同じくキングの原作を脚色した「1408号室」のマット・グリーンバーグが手がけた。  キング自ら脚色にあたったオリジナル版「ペット・セメタリー」は、メアリー・ランバートが監督。トラックが行き交う道路沿いに引っ越してきた一家が、れき死したペットのネコを近所のペット・セメタリー(=動物墓地)の奥に埋葬したところ、猫が生き返る。日を置かずして、今度は幼い息子ゲイジがトラックにはねられ死亡。嘆き悲しむ父ルイスは、ある覚悟を胸に遺体を同じ場所に埋葬する。

アジャ監督の最新作「ピラニア3D」は、8月27日から日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi