上川隆也“オタクな素顔”披露、ナルトもびっくり! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月31日 > 上川隆也“オタクな素顔”披露、ナルトもびっくり!
メニュー

上川隆也“オタクな素顔”披露、ナルトもびっくり!

2011年7月31日 01:01

オタクな素顔をさらけ出した上川隆也「劇場版NARUTO ナルト ブラッド・プリズン」

オタクな素顔をさらけ出した上川隆也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原作コミックの累計発行部数が1億冊を突破する「NARUTO ナルト」の長編アニメシリーズ第8弾「劇場版NARUTO ナルト ブラッド・プリズン」が7月30日、全国260スクリーンで封切られ、主人公・ナルト役の竹内順子をはじめ、大谷育江むらた雅彦監督が池袋シネマ・ロサで初日舞台挨拶に登壇。ゲスト声優の上川隆也と主題歌を歌う遊助(上地雄輔)も会場に駆けつけた。

人殺しの濡れ衣を着せられたナルトが、絶海の孤島に建つ収監所「ブラッド・プリズン(鬼灯城)」で身の潔白を証明する大冒険を繰り広げる。第1回「このミステリーがすごい!」銀賞&読者賞を受賞した東山彰良が脚本を手がけ、謎解きミステリー仕立ての作品に仕上がった。短編「炎の中忍試験!ナルトVS木ノ葉丸」が同時上映される。

上川はナルトがブラッド・プリズンで出会うナゾめいた忍者マロイを演じる。声優は2度目の挑戦で「初めての人間役で(笑)うれしい反面、普通のお芝居とは距離感も空気感も違うので難しかった」と述懐。巨大怪獣の格闘が描かれるクライマックスについて、「まるで、東宝チャンピオン祭りの『キングコング対ゴジラ』をほうふつとさせる」と興奮気味に語ると、むらた監督は「少し狙った部分がある」と同作からの影響を認めた。

さらに上川は「週刊少年ジャンプの三大原則である友情、努力、勝利が貫かれた作品」と原作の魅力をスラスラと説明。これには竹内も「すごーい」と驚きを隠せない様子だ。この日は原作者の岸本斉史がサプライズ登壇し、上川と遊助に直筆サインをプレゼント。「帰りに額縁を買います」(上川)、「めっちゃうれしい」(遊助)と大喜びだった。それだけに、岸本氏が「マロイが原作に登場することはないと思う」と明かすと、上川はがっかりした表情を浮かべた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi