クリステン・スチュワートの母が監督デビュー 兄も囚人役で出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月28日 > クリステン・スチュワートの母が監督デビュー 兄も囚人役で出演
メニュー

クリステン・スチュワートの母が監督デビュー 兄も囚人役で出演

2011年7月28日 11:23

母が監督デビュー

母が監督デビュー
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気女優クリステン・スチュワートの母で、長年ハリウッドでスクリプターとして活躍してきたジュールズ・マン=スチュワートが、新作「K-11(原題)」で監督デビューを飾ることが分かった。

米ハフィントン・ポストによれば、ゴラン・ビシュニックD・B・スウィーニーポーシャ・ダブルデイが出演するほか、クリステンの兄キャメロン・スチュワートも本格的な俳優デビューを果たす。ロサンゼルス郡の男性刑務所を描く物語で、キャメロンは受刑者の1人に扮するという。

一時はクリステンもトランスセクシャルの受刑者を演じる予定だったが、主演する最終章2部作「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン」や、「オン・ザ・ロード(原題)」「スノウ・ホワイト・アンド・ザ・ハンツマン(原題)」といった新作で多忙のため、出演は見送りとなった。

「K-11」は現在、ロサンゼルスで撮影が進められている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi