チリ鉱山事故の映画企画、ようやく始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月27日 > チリ鉱山事故の映画企画、ようやく始動
メニュー

チリ鉱山事故の映画企画、ようやく始動

2011年7月27日 11:13

感動の救出劇がいよいよクランクイン「ブラック・スワン」

感動の救出劇がいよいよクランクイン
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年8月、チリの鉱山で起きた落盤事故が、正式に映画化されることになったとハリウッド・レポーター紙が報じた。

ブラック・スワン」や「シャッター アイランド」で知られる映画プロデューサー、マイク・メダボイが救出された作業員33人の人生体験の映画化権を獲得。「モーターサイクル・ダイアリーズ」のホセ・リベーラが脚本を執筆し、来年のクランクインを目指すという。

映画では、69日間に及んだ地下生活と救出活動が描かれることになる。「映画化にあたり、これ以上の素晴らしい物語は見当たりません」と、映画化権を獲得したメダボイは抱負を述べた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi