新「スパイダーマン」来夏に日本で世界最速公開が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月27日 > 新「スパイダーマン」来夏に日本で世界最速公開が決定
メニュー

新「スパイダーマン」来夏に日本で世界最速公開が決定

2011年7月27日 12:02

「スパイダーマン」新シリーズ 自分の過去と向き合うことに「スパイダーマン」

「スパイダーマン」新シリーズ
自分の過去と向き合うことに
(C)2011 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベル・コミックを映画化した、人気シリーズ最新作「アメイジング・スパイダーマン」が、2012年6月30日から日本で世界最速で公開されることが決定した。東日本大震災で被災した日本に、現実に立ち向かう強い心を届けたいという思いから、今回の最速公開が決まったという。

スパイダーマン」(2002)、「スパイダーマン2」(04)、「スパイダーマン3」(07)のキャストとスタッフを一新し、人気シリーズの新章として映画化。前3作でメガホンをとったサム・ライミ監督に代わり、「(500)日のサマー」のマーク・ウェブが監督を務めた。主演に抜てきされたアンドリュー・ガーフィールドのほか、新ヒロイン・グウェン・ステイシー役のエマ・ストーンマーティン・シーンサリー・フィールドらが出演。シリーズ初となる3D映像で、今まで描かれることのなかった「スパイダーマン」の誕生秘話に迫る。

また同作の予告編も、このほど公開された。予告編では、主人公ピーター・パーカーがクモにかまれ「スパイダーマン」へと変異するシーンのほか、幼少期のピーター少年の姿や、前シリーズでは描かれなかった父親が登場。壁や屋根にはりつき、ビルが立ち並ぶニューヨークの街を飛び回るスパイダーマンの視点を、ダイナミックな映像で描く。「運命を変えたのは、自分しか知らない秘密と自分だけが知らない秘密」という言葉が、新シリーズのキーワードだ。

昔から「スパイダーマン」の大ファンだというガーフィルドは、「小さいころの僕の人生にはスパイダーマンが必要だったんだ」と振り返る。そして、「彼は僕に希望をくれた。僕みたいなやせっぽっちの少年たちにとって、強くなりたい、体を自由に動かして、あんなふうに飛び回りたいっていうファンタジーの中にスパイダーマンは生きているんだ」と語っている。

アメイジング・スパイダーマン」は、2012年6月30日から世界最速3D公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi