シャルロット・ゲンズブール、女児を出産 名前はジョー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月22日 > シャルロット・ゲンズブール、女児を出産 名前はジョー
メニュー

シャルロット・ゲンズブール、女児を出産 名前はジョー

2011年7月22日 13:34

おめでとうございます!「メランコリア」

おめでとうございます!
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏女優で歌手のシャルロット・ゲンズブールに、第3子の女児が誕生した。夫は映画監督のイバン・アタルで、ふたりの間には14歳の長男ベン、8歳の長女アリスがいる。PurePeopleによれば、ゲンズブールは7月16日(現地時間)、仏パリ16区の病院で出産し、ジョーと名付けたという。

ゲンズブールは、今年のカンヌ映画祭主演女優賞をキルステン・ダンストが受賞した、ラース・フォン・トリアー監督の「メランコリア」に出演。カンヌには、セクシーなシースルーのドレスを着て出席し、大きな腹部を披露していた。

ゲンズブールの父親は、死去後もカリスマ的な人気を誇る歌手・音楽プロデューサーのセルジュ・ゲンズブールさん、母親は歌手で女優のジェーン・バーキン。母親のバーキンは、東日本大震災後の4月に来日、東京で震災復興支援の無料コンサートを開催し話題を呼んだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi