香取慎吾「とっても幸せな気分」亀有で1日10回舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月21日 > 香取慎吾「とっても幸せな気分」亀有で1日10回舞台挨拶
メニュー

香取慎吾「とっても幸せな気分」亀有で1日10回舞台挨拶

2011年7月21日 15:33

1日10回の舞台挨拶を行った速水もこみち「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

1日10回の舞台挨拶を行った速水もこみち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」の公開を記念した有料先行上映会が7月21日、主人公“両さん”のホームである東京・葛飾区のMOVIX亀有で行われた。“亀有スクリーンジャック”と題した試写会で、同劇場にある10スクリーンを文字通り占拠。主演の香取慎吾と共演する速水もこみちが、上映終了後の各スクリーンで計10回の舞台挨拶を敢行した。

“こち亀”の愛称で親しまれ、09年にはTBSが実写ドラマ化した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を、「週刊少年ジャンプ」連載35周年の今年、満を持して映画化。今回は主人公・両津勘吉(香取)と初恋の幼なじみ・桃子(深田恭子)との恋愛模様を軸に、警察庁長官の孫娘が誘拐された事件の謎を描く。中川(速水)、麗子(香里奈)、大原部長(伊武雅刀)らおなじみの派出所メンバーも勢ぞろいする

香取は「こんな形で一足先に映画を公開できて、とっても幸せな気分。亀有のクソガキもたくさん来てくれた」と両さん節で“亀有凱旋”に感無量の様子だ。10回目の舞台挨拶では「さっきはお客さんから、パンツの色を質問された。そしたらワシも中川もピンク色で、まさになでしこジャパン!」と告白。「この映画でみんなに元気になってもらえれば。皆さんの応援で、なでしこジャパンに負けない世界一の映画にしてください」とアピールした。

舞台挨拶には原作者の秋本治氏も登壇し「今回、松竹さんから映画化のお話があったのが何よりうれしかった。松竹で葛飾区といえば(「男はつらいよ」の)寅さん。両さんにもその後に続いてほしい」とシリーズ化に意欲的。香取は先日、山田洋次監督と対談したといい「僕が亀有に帰ると、地元の皆さんから両さんって呼ばれると話したら、監督が『渥美(清)さんも同じことを言っていた』っておっしゃっていた。作品も見ていただき、良かったと言ってくれた」と大御所のお墨付きに満足そうな表情だった。

昨年、俳優の織田裕二が主演作「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の大ヒット御礼として、1日間で都内3劇場をめぐり、舞台挨拶に10回登壇した記録があるが、今回のように同一劇場での“10連投”は前代未聞。配給の松竹によれば、この日だけで約2100人を動員したという。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」は8月6日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi