出川哲朗「ピラニア3D」初アフレコ挑戦でセリフをド忘れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月21日 > 出川哲朗「ピラニア3D」初アフレコ挑戦でセリフをド忘れ
メニュー

出川哲朗「ピラニア3D」初アフレコ挑戦でセリフをド忘れ

2011年7月21日 13:40

保安官になりきった出川「オーマイゴッド!」「ピラニア3D」

保安官になりきった出川「オーマイゴッド!」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの出川哲朗が7月21日、東京・六本木のブロードメディアスタジオで行われた「ピラニア3D」の公開アフレコに参加した。アフレコ初挑戦となった出川は、ビング・レイムス演じる保安官ファロンの声を担当。アドリブで台本にないセリフを盛り込み、「映像を見て付け足すことが役者ですから。本当は監督と役作りのバトルをしたい。アフレコの本番では監督と演技論の戦いになるかもしれないですね」と報道陣の笑いを誘った。

アドリブに集中しセリフを飛ばしてしまうひと幕もあったが、「今日は100点」と自信たっぷり。「芸能界でピラニアと戦ってきたオレは、本当の怖さを体感して知っている。リアルなピラニアの怖さは声優さんには伝えられない」と語った。

アリゾナのビクトリア湖を舞台に、地底湖から出現したピラニアの祖先である殺人魚に襲われる人々の恐怖を3D映像で描く。「ミラーズ」で知られるアレクサンドル・アジャ監督がメガホンをとり、エリザベス・シュー主演で映画化した。

ピラニアの襲撃から体を張って若者を守ろうとする役どころを演じた出川は、「実は来週もアマゾンに行ってくるんです。めっちゃ怖いですよ」と吐露。そして、「リアルなピラニアは血に反応するらしいんです。だから90%は襲ってこないから大丈夫って言われたけど、残りの10%はどうなんだよって思います」とぼやいた。

同作の見どころを聞かれると、「史上最高のB級映画! この映画のために3Dってあったんじゃないかな。ラストも衝撃的で、エッチなシーンも盛りだくさんだから何も考えないで楽しめる。リアルにピラニアに戦った僕が言うんだから間違いありません!」としっかりとアピールした。

ピラニア3D」は、8月27日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi