中村うさぎ「決定的なドキュメント」平野勝之監督11年ぶり新作を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月20日 > 中村うさぎ「決定的なドキュメント」平野勝之監督11年ぶり新作を絶賛
メニュー

中村うさぎ「決定的なドキュメント」平野勝之監督11年ぶり新作を絶賛

2011年7月20日 16:12

中村うさぎ、平野勝之監督を絶賛「監督失格」

中村うさぎ、平野勝之監督を絶賛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家の中村うさぎが7月19日、都内で行われたトークイベント「AV監督失格! 百花繚乱の90年代 AV黄金期の平野勝之」に出席し、平野勝之監督が11年ぶりに放つ新作「監督失格」(庵野秀明プロデュース)を「こういう決定的なドキュメントを見るのは最初で最後になるはず」と絶賛した。

200本以上の作品に出演しながらも、2005年に34歳で急逝した女優・林由美香を題材としたドキュメンタリー。林さんの元恋人でドキュメンタリー「由美香」(97)を手がけた平野監督が、ふたりの約15年間にわたる記録と、林さんの死後に新撮した映像で構成した。

平野監督にとっては、“過去の喪失”と向き合う作業となっただけに「作るのは本当にきつかった。プロデューサーにいじめられ、孤立し、シャレになれない状態だった」。「由美香」を再編集した理由を、「ネタバレになるので語れないが、絶対に外せない要素だった。あくまで(林さんを)初めて知る人を対象にした作品」と説明していた。

この日は、平野監督が90年代に監督した「水戸拷問-大江戸ひきまわし-」「ザ・タブー 恋人たち」「ザ・ガマン しごけ!AV女優」「わくわく痴漢講座-痴漢の達人-」「21歳-みたされない隙間の時-」が上映された。AV女優や若き日の井口昇(「ロボゲイシャ」「電人ザボーガー)が、嘔吐物などにまみれながら性行為に臨む姿に、客席からは笑いと悲鳴が聞こえていた。トークイベントにはAVライターの東良美季とAV監督のペヤングマキも出席した。

監督失格」は、9月3日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで独占先行公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi