桂三枝69歳誕生日に「六代桂文枝」襲名、反対の恩師・談志には陳謝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月16日 > 桂三枝69歳誕生日に「六代桂文枝」襲名、反対の恩師・談志には陳謝
メニュー

桂三枝69歳誕生日に「六代桂文枝」襲名、反対の恩師・談志には陳謝

2011年7月16日 16:51

来年7月16日に「六代桂文枝」を襲名

来年7月16日に「六代桂文枝」を襲名
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来年7月16日、69歳の誕生日に「六代桂文枝」を襲名する落語家・桂三枝がちょうど1年前の7月16日、都内のホテルで弟弟子の桂きん枝桂文珍らとともに会見した。

師匠である五代目文枝さんの大名跡を継ぐにあたり、「あまりにも大きい名前で、三枝への愛着もあり、悩みに悩み抜き(継ぐか継がないかで)何度も行ったり来たりした」という三枝。2年半ほど前、自らが文枝を襲名するという誤報が流れたころから考え始め、一門や上方落語の師匠、先輩筋、真由美夫人ら家族にも一切相談せず、ひとりで悩み続けていた。

その中で唯一、相談したのがデビュー当時から目をかけてもらっていた立川談志。昨年、入院中の談志を訪ねたところ「やめておけ。せっかく三枝の名前を大きくしたのだからずっと続けるべき」と諭され、一度は思いとどまった。だが、今年3月に五代目文枝さんの7回忌を終え、一門からも文枝復活を願う声があがり「桂派の源流で、時間をかけてつないできた名前。他の一門が継いだら、五代目に申し訳がない。年齢的にも今がギリギリ」と決意。所属する吉本興業の100周年イベントの核として、来年7月16日のなんばグランド花月を皮切りに数年かけて全国を回る襲名披露興行を予定している。

三枝は、「堂々と胸を張って、一点の曇りもなく襲名に臨みたい。平成の新しい文枝をつくろうと思います」と晴れやかな表情。だが、襲名を発表する前日の今月10日、体調が思わしくない談志との面会がかなわず、友人の毒蝮三太夫に伝えてもらったところ、「人生なりゆき。三枝より文枝のほうが良くなったのか。じゃあ仕方がない。勝手にしろ。三枝のバカヤロウへ」としたためたファクスが送られてきたことを明かし、「バカヤロウな三枝を許してください」と声を詰まらせるひと幕もあった。

45年間慣れ親しんだ三枝の名跡に関しては、文珍が襲名に色気を見せたが「継がせることは200%考えていません」ときっぱり。220作を超える創作落語を世に送りだしており、「三枝作の落語をいろいろな方がやってくださっているし、いずれは文枝が三枝をやるといった、いろいろな形で残していきたい」と意欲。さらに、「これからはバラエティ(「新婚さんいらっしゃい」)で、椅子からこけにくくなるのでテレビ局、吉本と相談します」と話すなど、随所で笑いをとることも忘れなかった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi