闘病中の原田芳雄「階段が多いから」主演作初日挨拶を欠席 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月16日 > 闘病中の原田芳雄「階段が多いから」主演作初日挨拶を欠席
メニュー

闘病中の原田芳雄「階段が多いから」主演作初日挨拶を欠席

2011年7月16日 14:36

公開初日を迎えた「大鹿村騒動記」「大鹿村騒動記」

公開初日を迎えた「大鹿村騒動記」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の原田芳雄が主演する「大鹿村騒動記」の初日舞台挨拶が7月16日、東京・銀座の丸の内TOEIで行われた。腸閉そくと肺炎を併発し加療中の原田は、7月11日の完成披露試写会に車いすで出席。この日も登壇する予定だったが、急きょ欠席。メガホンをとった阪本順治監督は、「理由は(劇場の)階段が多いから。それだけ。本人はやる気満々だった」と事情を説明した。

さらに、「また映画がヒットした折には、どこかのシネコンでヒット御礼の舞台挨拶をし、お会いできれば。ご本人は誕生日の2月29日にライブをやって、トム・ウェイツのように歌いたいと言っている」と近況を報告。「まだまだやりたい(映画の)企画もあるそうなので、そのときはまた芳雄さんと組ませてもらえれば」と原田の思いを代弁していた。

舞台挨拶には共演の大楠道代岸部一徳佐藤浩市松たか子石橋蓮司も出席。大楠は「原田芳雄にとっては、映画のヒットが何よりの薬になるはず」とアピール。岸部は「テレビドラマではずっと一緒だったが、映画でここまで全力でぶつかるのは初めての経験。やっと実現し、自分自身にとってどの映画よりも特別なものになった」と原田との共演に感激しきり。また、石橋は「大鹿村の精神的な村長は原田芳雄です」と最敬礼だった。

また、佐藤は本作のプロモーションで出演したラジオ番組で「阪本監督は三谷幸喜が嫌い」という主旨の発言をし、そのままオンエアされてしまったと告白。壇上の阪本監督は「本当に困る。嫌いじゃないですよ」と大慌てで弁明し、「喜劇と銘打った映画は初めて。三谷さんとはまた違った喜劇になった」とPRしていた。

長野県・大鹿村を舞台に300年以上前から伝承される村歌舞伎“大鹿歌舞伎”と、そこにかかわる人々の悲喜こもごもを描く群像劇。大鹿歌舞伎の花形役者で、シカ料理専門店を営む主人公・風祭善(原田)が、駆け落ちした妻・貴子(大楠)の18年ぶりの帰還に翻ろうされる。全国97スクリーンで封切り。東映が「デンデラ」(天願大介監督)に続き、1000円興行を敢行する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi