実写版「AKIRA」監督は「アンノウン」ジャウム・コレット=セラ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月15日 > 実写版「AKIRA」監督は「アンノウン」ジャウム・コレット=セラ
メニュー

実写版「AKIRA」監督は「アンノウン」ジャウム・コレット=セラ

2011年7月15日 17:01

実写版「AKIRA」のメガホンをとることになった ジャウム・コレット=セラ監督「AKIRA」

実写版「AKIRA」のメガホンをとることになった
ジャウム・コレット=セラ監督
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースによる大友克洋の人気漫画「AKIRA」の実写映画化企画は、メガホンをとる予定だったアルバート・ヒューズ監督が5月に降板して以降中断していたが、このほど新しい監督が決定したようだ。

米The Wrapによれば、ワーナーは「アンノウン」(2011)、「エスター」(09)のジャウム・コレット=セラ監督を正式に起用したという。コレット=セラ監督は、前述の2作に加え、05年の監督デビュー作「蝋人形の館」をワーナーのもとで撮っているが、いずれも低予算ながら興行的に成功をおさめている。なお、これで実写版「AKIRA」にかかわる監督は、当初予定されていたルアイリ・ロビンソンから数えて3人目になる。

今回の「AKIRA」実写映画化は、原作の1~3巻を前編、4~6巻を後編として全2部作で製作するもの。舞台は2019年の人工都市ネオ東京から、終末戦争後の近未来の“ニュー・マンハッタン”に変更される。脚本家も次々と代わっており、ゲイリー・ウィッタから「アイアンマン」の脚本家コンビ、マーク・ファーガスホーク・オストビーを経て、最新版は「ハリー・ポッター」シリーズの脚本家スティーブ・クローブスがリライトしたものだという。

なお、今夏にもクランクインすると報じられていた同作だが、現時点ではキャストも未定。主人公の金田役の筆頭候補として浮上したキアヌ・リーブスは、これを辞退。ほかに、金田役にはギャレット・ヘドランドマイケル・ファスベンダークリス・パインジャスティン・ティンバーレイクホアキン・フェニックスが、鉄雄役にはロバート・パティンソンアンドリュー・ガーフィールドジェームズ・マカボイが候補に挙がったことがわかっている。

アンノウン[Blu-ray/ブルーレイ] アンノウン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 リーアム・ニーソンを主演に迎えた、ベルリンを舞台に繰り広げられるアクション・スリラー。
AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 コミック「AKIRA」の誕生20年周年を記念した5.1chDTS-DVD。2019年のメガロポリス東京を舞台に、アーミーとゲリラが繰り広げる激しい戦いに巻き込まれていく少年達の姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi