ハリウッド版「ゴジラ」に「バットマン」シリーズの脚本家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月14日 > ハリウッド版「ゴジラ」に「バットマン」シリーズの脚本家
メニュー

ハリウッド版「ゴジラ」に「バットマン」シリーズの脚本家

2011年7月14日 15:07

デビッド・S・ゴイヤーがハリウッド版「ゴジラ」に着手「ゴジラ」

デビッド・S・ゴイヤーがハリウッド版「ゴジラ」に着手
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドリメイク版「ゴジラ」を製作する米レジェンダリー・ピクチャーズと米ワーナー・ブラザースが、脚本家デビッド・S・ゴイヤーを起用した。

ゴイヤーは、レジェンダリーとワーナーが共同製作した「バットマン・ビギンズ」の脚本、「ダークナイト」の原案を手がけており、両社とは縁が深い。米Deadlineによれば、ゴイヤーはデイブ・キャラハムが執筆したリメイク版「ゴジラ」草稿のリライト作業にあたるという。監督には、英クリエイターのギャレス・エドワーズが抜てきされており、日本版「ゴジラ」を下敷きにしながら、現代的なテイストを盛り込んだ作品を目指すようだ。

ゴイヤーは、ザック・スナイダー監督がメガホンをとる「スーパーマン」シリーズ最新作「マン・オブ・スティール(原題)」、クリストファー・ノーラン監督の「バットマン」シリーズ最新作「ダークナイト・ライゼズ(原題)」にも、脚本・原案に名を連ねている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi