「ハリー・ポッター」完結、ファンは複雑な心境 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月13日 > 「ハリー・ポッター」完結、ファンは複雑な心境
メニュー

「ハリー・ポッター」完結、ファンは複雑な心境

2011年7月13日 19:32

本格的なコスプレ姿を披露したファンたち「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

本格的なコスプレ姿を披露したファンたち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒット映画「ハリー・ポッター」シリーズの最終作、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の特別試写会が7月13日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、約5000人のファンが駆けつけた。第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」の公開から足かけ10年。ハリーたちの冒険と戦いに一喜一憂してきたファンは“最後の瞬間”を前に、複雑な心境だ。

埼玉から来たという23歳の女性ファンは「中学1年から見始めたので、今はこんなに(時間が)経ったんだなと複雑な気持ち。一緒に成長したという感覚だし、今はどう受け入れたらいいか……」と複雑な心境を語る。千葉在住の40歳の女性は2005年、第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のジャパンプレミアで、来日したエマ・ワトソンらからサインをもらったといい「とても気さくで、スターを気取ったところがなかった」と述懐。「私も複雑な気持ちが強いです」と語るのは、ふたりとともに会場に駆けつけた神奈川在住の28歳の女性。世代も住む場所もバラバラの3人は、過去に行われたシリーズの試写会で知り合い、今もファン同士の交流を続けている。

また、神奈川から鑑賞しに来た女性も「ワクワクと同時にさみしさがある」と、こちらも寂しげ。同行する子息は映画シリーズの歴史と同じちょうど10歳だといい「改めてDVDで過去の作品を見直すと、自分の息子の成長と重なり、不思議な気分。もっと小さなころは、(ホグワーツ魔法魔術学校の)クラス分けの帽子を欲しがったもの」と目を細めた。

J・K・ローリングによる世界的ベストセラーシリーズを映画化した最終章2部作の完結編。宿敵・ヴォルデモート打倒のカギを握る「分霊箱」を見つけ出す旅を続けるハリー、ロン、ハーマイオニーの3人。しかし、ヴォルデモートは最後の戦いを前に、その力を最大限に強めていた……。シリーズ初となる3D上映が行われる。

シリーズ過去7作で、国内興行収入は863.5億円を突破。全米興行収入、世界興行収入はそれぞれ20億805万ドル突破、63億7008万ドル突破の大ヒットを記録している。最終作となる「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は世界公開を直前に控えるなか、すでに全米各誌の批評家から絶賛されている。この日の特別試写会には、五木ひろし辰巳琢郎西村知美中村橋之助三田寛子夫妻ら各界の著名人も来場していた。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は7月15日から全国922スクリーンで公開(うち約500スクリーンで3D上映)。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi