香取慎吾に4000人「両さん」コール、原作者もシリーズ化に太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月12日 > 香取慎吾に4000人「両さん」コール、原作者もシリーズ化に太鼓判
メニュー

香取慎吾に4000人「両さん」コール、原作者もシリーズ化に太鼓判

2011年7月12日 21:53

香取慎吾に、4000人が「両さん」コール!「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

香取慎吾に、4000人が「両さん」コール!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 香取慎吾が主演する「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」の完成披露試写会が7月12日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われた。劇中衣装に身を包んだ香取が、自転車に乗って登場すると、4000人が埋め尽くす客席からは熱狂的な「両さん」コールが。香取も「やっとこの日が来ました。面白い、感動した、元気をもらったと思った方はぜひ、ツイートツイートしてください」と熱っぽくPRしていた。

撮影のため、約2年ぶりに“ホーム”亀有に戻った香取は「あちこちから『両さん、お帰り』って声をかけてもらえて……泣けるじゃねぇか。本当にうれしかったです」と地元の熱烈歓迎に感無量。今回、初恋の相手役でゲスト出演した女優の深田恭子は「もともと原作のファンだったので、参加することができてとてもうれしく思っています。ぜひたくさんの人に見てもらい、元気になってもらえれば」と笑顔でアピールしていた。舞台挨拶には香里奈速水もこみち沢村一樹伊武雅刀川村泰祐監督も登壇した。

“こち亀”の愛称で親しまれ、09年にはTBSが実写ドラマ化した「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を「週刊少年ジャンプ」連載35周年の今年、満を持して映画化。今回は“両さん”こと両津勘吉(香取)が、小学校時代のあこがれの同級生・桃子(深田)と偶然再会し、胸躍らせるなか、警察庁長官の孫娘が誘拐される事件が発生。桃子が思わぬ事態に巻き込まれてしまう。中川(速水)、麗子(香里奈)、大原部長(伊武)らおなじみの派出所メンバーも勢ぞろいする。

この日は、原作者の秋本治も客席で本編を鑑賞し、「少年誌の連載なので、ふだんはなかなか恋愛を描けないもの。今回は(恋する)両さんの男っぽさという新しい一面を見ることができた。これはシリーズ化するんじゃないかと。そのときは脚本協力しますので」とシリーズ化に太鼓判。これには香取も「決まりですね。あとは大人たちが相談して決めてくれるはず」とニンマリ。舞台挨拶の終盤には、キャスト陣に加えて「こち亀応援合唱団」約365人が映画主題歌「三百六十五歩のマーチ」を熱唱した。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」は8月6日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi