“ブサイク芸人”カリカ・家城啓之、被災地を訪問「子どもが泣いて逃げた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月12日 > “ブサイク芸人”カリカ・家城啓之、被災地を訪問「子どもが泣いて逃げた」
メニュー

“ブサイク芸人”カリカ・家城啓之、被災地を訪問「子どもが泣いて逃げた」

2011年7月12日 21:44

デビルはあなたの近くににいるぞ!「デビル」

デビルはあなたの近くににいるぞ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「カリカ」の家城啓之が7月12日、都内で行われた映画「デビル」のイベント試写会に登場した。親戚が東北地方にいるという家城は、7月10日に吉本興業のお笑い芸人らと東日本大震災の被災地・宮城を訪れたという。「励まして、触れ合いをしに被災地の体育館に行ったら、子どもが泣いて逃げた」ともらしながらも、「中学生が僕にまゆ毛書いていいですか? って聞くんですよ。だから断れなくて(笑)。でも、顔1個で被災地の人が笑ってくれるならよかった」と笑顔で語った。

M・ナイト・シャマランが手がけた原案を、若手映画作家たちが映画化する新たなプロジェクト「ザ・ナイト・クロニクルズ」の第1弾。「REC レック ザ・クアランティン」のジョン・エリック・ドゥードル監督が、メガホンをとり映画化。高層ビルのエレベーターを舞台に、密室に閉じ込められた5人の男女が見えない恐怖にさいなまれていく姿を描く。

3年連続で「吉本ブサイクランキング」1位に選出された家城は、「デビル顔」にちなんで同イベントのオファーがきたことを明かした。「マネージャーから電話があったとき、デビル役をしないかって。すでに半笑いなんですよ」と暴露。しかし、「逆に他の人がやっていたら、なんでオレじゃないだっていうくやしさがあったかも」と複雑な心境を明かした。

同作の見どころについて、「見終わったら確実にエレベーターに乗れません。階段生活が始まりますよ。僕がいるかもって振り返りたくなると思います。デビルはあなたの近くににいるぞ!」としっかりアピールした。

デビル」は、7月16日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi