Buono!「ゴメンナサイ」で映画初主演&初主題歌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月10日 > Buono!「ゴメンナサイ」で映画初主演&初主題歌
メニュー

Buono!「ゴメンナサイ」で映画初主演&初主題歌

2011年7月10日 06:00

映画初主演を果たすBuono!「ゴメンナサイ」

映画初主演を果たすBuono!
(C)2011 日高由香/アスキー・メディアワークス/
「ゴメンナサイ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ガールズロックユニット「Buono!」が、人気ケータイ小説を映画化する「ゴメンナサイ」(安里麻里監督)に初めて主演することがわかった。また、3人はタイトル未定の主題歌を担当することも決定している。

「Buono!」は、「℃-ute」の鈴木愛理と「Berryz工房」の嗣永桃子夏焼雅で構成されるユニット。3人は、映画では、観客にリアルな恐怖をナビゲートする“Buono!”本人役として登場するほか、それぞれ1人2役に挑戦する。初主演について、「3人で映画に出られると思っていなかったので、最初はびっくりしましたし、どんな映画に仕上がるのか気になりました」と話す。

ふだんとは異なる役どころを演じるが、「安里監督に細かく演技指導をしていただき、コミュニケーションを取っていけたので、1シーンごとに気持ちをつくりやすかった」と述懐。本編のクライマックスでは、衝撃的な結末が用意されているといい、「最初に脚本を読んだときに私たちが感じたように、ラストシーンで皆さまにも一番の驚きをもっていただけると思います」と自信をのぞかせた。

神奈川県の高校に通う日高由香(鈴木)、黒羽比那子(夏焼)、園田詩織(嗣永)を軸に展開していく同作は、日本最大級のケータイ小説サイト「魔法のiらんど」で80万人以上が読んだ学園ホラー。文才にあふれた黒羽にテストで勝てなかった園田は、執ような嫌がらせを始める。文化祭で披露する演劇の脚本を黒羽に押し付けるが、その日から身の回りで不可解な死が続くようになる。黒羽が命を削るようにつづった脚本には、読んだ人間を無差別に殺すことができる呪いがかけられていた。

ゴメンナサイ」は今秋、全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi