元「たま」石川浩司、AKB48とのデッドヒートに困惑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月9日 > 元「たま」石川浩司、AKB48とのデッドヒートに困惑
メニュー

元「たま」石川浩司、AKB48とのデッドヒートに困惑

2011年7月9日 19:05

撮影時は約10キロ減量していた石川浩司「たまの映画」

撮影時は約10キロ減量していた石川浩司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伝説のバンド「たま」の元メンバーたちの“今”を追ったドキュメンタリー「たまの映画」のDVD発売を記念し7月9日、メンバーのひとり、石川浩司が都内でトーク&ミニライブを行った。

バブル絶頂期にテレビ番組をきっかけにデビューし、「さよなら人類」が大ヒット。一躍、時の人となった「たま」だが、その後も時代にこびを売ることなくマイペースに突き進み2003年に解散したが、現在もライブを中心に活動を続ける元メンバーの姿を映し出す。

監督の今泉力哉とともに登場した石川は、50歳の誕生日を迎えたばかり。「(テレビ番組の)『いか天』でデビューしてから約20年。当時はピッチピチの20代でしたが50歳になりました。『人生50年』と言いますが、もう死んだも同然。新たに生まれ変わったつもりで、赤ちゃん気分でやり直したいと思います」とユーモアたっぷりに抱負を語った。

約2年前の撮影時を振り返り、「今より確実に2歳くらい若かった……」としみじみ。当時はダイエットで今より10キロほどやせていたというが、「あっという間にリバウンドした」という。DVDの特典には最近の活動の様子も収められており「あのころと今の体型の比較ができます!」と笑顔でアピールした。

発売されたDVDは一時、「Amazon」のランキングで「AKB48」と1位を争いデッドヒートを繰り広げた。「謎ですねえ。何でだろう? こんなアングラな人が……。AKBの子たちも僕らのことなんて知らないだろうから『何これ?』と思ったでしょうね(笑)」と首をかしげていた。

ミニライブでは、「たま」時代の楽曲で「いか天」で“グランドいか天キング”を勝ちとった際の最後の5週目に歌った思い出の曲「まちあわせ」など3曲を大音量で熱唱した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi