エマ・ワトソン「ハリポタ」は「人生の半分をともにした作品」と感慨 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月9日 > エマ・ワトソン「ハリポタ」は「人生の半分をともにした作品」と感慨
メニュー

エマ・ワトソン「ハリポタ」は「人生の半分をともにした作品」と感慨

2011年7月9日 07:43

シリーズ最終章 ハリー、ロン、ハーマイオニーともこれでお別れ「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

シリーズ最終章
ハリー、ロン、ハーマイオニーともこれでお別れ
(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R.
HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND
RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND
(C) WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ファンタジーシリーズの最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のワールドプレミアが7月7日(現地時間)、英ロンドンのトラファルガー広場で開催され、ダニエル・ラドクリフらキャスト陣や原作者J・K・ローリングがレッド・カーペットに登場した。全長約800メートルの巨大レッドカーペットには、世界約15カ国から200人の報道陣と約1万4000人のファンが詰めかけた。

シリーズを通してハリーを支える親友ハーマイオニー役を演じたエマ・ワトソンは、「とても感情が高ぶっているわ。自分の人生の半分をともにした作品だから、感情的になっているとともに、この作品を誇りに思っています」と感慨もひとしお。10年間におよぶシリーズが終わりを迎えるにあたって、「こんなにファンが集まってこんなサポートをしてもらっているのを見ると、とても感情的になっているのがわかります」(ルパート・グリント)、「すごいハッピーだよ。この雰囲気に圧倒されているよ。1つの時代の終わりだよね」(マイケル・ガンボン)とそれぞれの思いを語った。

同シリーズの製作を手がけてきたデビッド・ハイマンも、「すごく複雑な気持ちだよ。なぜならついにシリーズが終わってしまうからね。ハリー・ポッターファミリーの一員になれて本当に光栄だったよ。きっと2、3カ月したら自分が失ってしまったものに気付き、悲しくなると思うよ。ここにいるファンたちの応援がまさにそれだよ」と現在の心境を明かした。一方のデビッド・イェーツ監督は、日本のファンに向けて「日本のみなさんに感謝の気持ちを伝えるとともに、僕たちが『ハリー・ポッター』の撮影を楽しんだと同じだけ、みなさんにも楽しんでもらえると思います」と自信をのぞかせた。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は、7月15日から3D・2D同時上映で全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi