C・ウォーケン、新作コメディで神々の王ゼウスに S・ストーンは美の女神 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月8日 > C・ウォーケン、新作コメディで神々の王ゼウスに S・ストーンは美の女神
メニュー

C・ウォーケン、新作コメディで神々の王ゼウスに S・ストーンは美の女神

2011年7月8日 15:41

神々の王ゼウスを演じるC・ウォーケン「リトル・ミス・サンシャイン」

神々の王ゼウスを演じるC・ウォーケン
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現代のニューヨークにギリシャの神々が現れるという設定の新作コメディ「Gods Behaving Badly」で、クリストファー・ウォーケンシャロン・ストーンジョン・タトゥーロらが神々役で共演することになった。

英作家マリー・フィリップスの同名ユーモア小説(邦訳は早川書房刊「お行儀の悪い神々」)の映画化。「リトル・ミス・サンシャイン」「サンシャイン・クリーニング」を製作したビッグ・ビーチ・フィルムズの共同創設者でプロデューサーのマーク・タートルトーブが、長編初メガホンをとる。

映画版は、舞台を原作のロンドンからニューヨークに変更。アリシア・シルバーストーンとエボン・モス=バクラック扮する若いカップルが、都市に降臨したギリシャの神々に振り回されるというコメディだ。神々の王ゼウスをウォーケン、美の女神アフロディテをストーン、下界の神ハデスをタトゥーロが演じる。ほか、アポロン役でオリバー・プラット、アルテミス役でイーディ・ファルコらが出演。今月中にニューヨークでのクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi