米誌が選ぶ「夏映画の傑作21本」は「ジョーズ」が3位、「(500)日のサマー」が5位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月8日 > 米誌が選ぶ「夏映画の傑作21本」は「ジョーズ」が3位、「(500)日のサマー」が5位
メニュー

米誌が選ぶ「夏映画の傑作21本」は「ジョーズ」が3位、「(500)日のサマー」が5位

2011年7月8日 11:19

少年映画の名作「スタンド・バイ・ミー」「サンドロット 僕らがいた夏」

少年映画の名作「スタンド・バイ・ミー」
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 夏本番を迎え、米カルチャー誌Pasteが「夏映画の傑作21本(21 Classic Summer Movies)」を発表した。約2カ月の長い夏休みを楽しむアメリカの子どもや若者たちを描いた映画は数多いが、定番サマーキャンプものからホラー映画まで、暑気払いにぴったりの映画がそろっている。

第1位に選ばれたのは、1962年の夏を舞台に、野球に熱中する少年たちの友情をノスタルジックに描いた「サンドロット 僕らがいた夏」(93)。同じく少年映画の名作「スタンド・バイ・ミー」(86)は、6位にランクインした。

21作品は以下の通り。
1.「サンドロット 僕らがいた夏」(93)
2.「ナショナル・ランプーン ホリデー・ロード4000キロ」(83)
3.「ジョーズ」(75)
4.「バッド・チューニング」(93)
5.「(500)日のサマー」(09)
6.「スタンド・バイ・ミー」(86)
7.「ミートボール」(79)
8.「Dearフレンズ」(95)
9.「アメリカン・グラフィティ」(73)
10.「ドゥ・ザ・ライト・シング」(89)
11.「ダーティ・ダンシング」(87)
12.「エンドレス・サマー」(66)
13.「ラストサマー」(97)
14.「罠にかかったパパとママ」(61)/「ファミリー・ゲーム/双子の天使」(98)前者のリメイク
15.「Wet Hot American Summer」(日本未公開/01)
16.「アドベンチャーランドへようこそ」(09)
17.「ヘビーウェイト/サマーキャンプ奪還作戦」(95)
18.「七年目の浮気」(55)
19.「黄昏」(81)
20.「サマー・スクール」(87)
21.「H氏のバケーション」(62)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi