ダニエル・ラドクリフ、18歳でアルコール依存だったと明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月5日 > ダニエル・ラドクリフ、18歳でアルコール依存だったと明かす
メニュー

ダニエル・ラドクリフ、18歳でアルコール依存だったと明かす

2011年7月5日 11:11

もうお酒はこりごり?「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

もうお酒はこりごり?
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] J・K・ローリング原作のベストセラーファンタジー小説を映画化した「ハリー・ポッター」シリーズで主演を務めているダニエル・ラドクリフが、18歳から数年の間、アルコールに依存した生活を送っていたとGQ誌に告白した。

「数年前、僕は本当にアルコールに依存していたんだ。セレブリティのように振舞いたいと思っていたけど、それは僕らしくないって気づいたんだ」と若くして俳優としての成功をおさめた、ラドクリフならではの苦悩を明かす。

現在22歳になったラドクリフは、今は落ち着いた日々を送っているようで「そんな生活から離れて、今はとても幸せだよ。いい彼女もできたし、もうバカなことをしたくない。パーティーで飲むよりも、家にいて本を読んだり、友人たちと楽しく過ごしたいんだ」と、交際中の恋人との良好な関係についても語っている。

ラドクリフが出演する「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は、7月15日から3D・2D同時上映で全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi