松本幸四郎「メッセージを声に込めた」 松たか子とナレーションで初共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月5日 > 松本幸四郎「メッセージを声に込めた」 松たか子とナレーションで初共演
メニュー

松本幸四郎「メッセージを声に込めた」 松たか子とナレーションで初共演

2011年7月5日 20:08

父娘でナレーションを担当した松本幸四郎と松たか子「ライフ いのちをつなぐ物語」

父娘でナレーションを担当した松本幸四郎と松たか子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松本幸四郎松たか子親子が日本語ナレーションを務めた自然ドキュメンタリー「ライフ いのちをつなぐ物語」の完成披露試写会が7月5日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、松本と松のふたりをはじめ、監督・脚本を手がけたマイケル・ガントンマーサ・ホームズが出席した。

アース」「ディープ・ブルー」のBBCが撮影日数3000日、製作費35億円を投じて製作。動物と同じ目線で撮影できる最新のカメラシステムを用いて、18カ国・24地域で多種多様な生物の命をつなぐ姿を克明に捉える。WWFが監修のほかプロモーションなど全面的な協力を行った。

ナレーションで初共演し、「もの言わぬ動物たちの代わりに、『このままでいいのか?』というメッセージを声に込めた」(松本)、「特性を活かしきって生きる動物たちの姿を通して、自分たちの生き方に立ち返ってもらえれば。今回は声優をやらせていただき、とても光栄」(松)。ホームズ監督は「命をつなぐ物語に、父娘でナレーションしてもらえるのはぴったり。勇敢かつパーフェクトな試みで、私たちが求めるトーン、思い、共感が声に込められている」と太鼓判を押す。

ガントン監督は「スケールの大きさはもちろん、今回はより親密なアプローチで動物に迫っている。過去の作品が観察的だとしたら、こちらは前のめりに楽しんでもらえるはず」と作品をアピールした。

ライフ いのちをつなぐ物語」は9月1日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi