松下奈緒“NHK凱旋”父のリストラ&蒸発にも気丈な振る舞い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月3日 > 松下奈緒“NHK凱旋”父のリストラ&蒸発にも気丈な振る舞い
メニュー

松下奈緒“NHK凱旋”父のリストラ&蒸発にも気丈な振る舞い

2011年7月3日 18:46

NHKに凱旋する松下奈緒「ゲゲゲの女房」

NHKに凱旋する松下奈緒
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今夏、没後30年を迎える向田邦子さんの小説を原作にしたNHKドラマ10「胡桃の部屋」のスタジオ取材会が7月3日、東京・成城の東宝スタジオで行われ、主人公・三田村桃子を演じる松下奈緒をはじめ、井川遥(姉・咲良役)、臼田あさ美(妹・陽子役)、瀬戸康史(弟・研太郎役)、蟹江敬三(父・忠役)、竹下景子(母・綾乃役)が正月シーンの晴れ着姿で意気込みを語った。

1980年ごろの東京を舞台に、生真面目で不器用な二女・桃子が、リストラを機に蒸発してしまった父に代わり、バラバラになった家族を取りまとめようと奮闘。一筋縄ではいかない家族のきずなや男女の関係を、向田作品らしい辛口なユーモアで描くホームドラマだ。原作は向田さんが81年8月22日、取材先の台湾で飛行機事故に遭い死去する5カ月前に発表された。

松下は、昨年放送された連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」以来のNHKドラマ出演。もともと向田さんの大ファンだといい「女優として一度は経験してみたかった。強さと弱さを一緒にもった女性を演じ、より向田さんの作品が好きになりました」。父のリストラと蒸発にも気丈に振舞うヒロイン役を「普通の役を普通に演じることの難しさがあった」と振り返った。この日は、バラバラだった三田村家が一堂に会し「すごく珍しいこと(笑)。みんなそれぞれに悲惨な状況にいる家族ですが、だからこそ家族のあり方やきずなをビビッドに受け取っている」と笑顔で語った。

母親役の竹下は、89年に「東芝日曜劇場」(TBS/当時は東京放送)で放送されたドラマ「胡桃の部屋」で主人公・桃子を演じ、「ゲゲゲの女房」では松下演じるヒロインの義母役だった。「ゲゲゲのときは松下さんに言いたい放題だったが、今回は違った形の親子関係。大胆さとしたたかさをもった女性で引きつけられる」とこちらも向田作品への出演に感慨深げ。一方、蟹江は「なぜこんなにいい家族を捨てるのか……」と恐縮しきりだった。

NHKドラマ10「胡桃の部屋」は7月26日午後10時から放送(全6回)。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi