あやまんJAPAN、夜の六本木で放送禁止用語を連発 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月2日 > あやまんJAPAN、夜の六本木で放送禁止用語を連発
メニュー

あやまんJAPAN、夜の六本木で放送禁止用語を連発

2011年7月2日 13:27

初の映画イベントとあってやりたい放題のあやまんJAPAN「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

初の映画イベントとあってやりたい放題のあやまんJAPAN
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気お笑いユニット「あやまんJAPAN」が7月1日、全米大ヒット作「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」の公開記念イベントに登場。会場となった東京・六本木のバーに午後10時、メンバーのあやまん監督、ファンタジスタさくらだ、ルーキタエが姿を現すと早速、放送禁止用語を連発。おなじみのパフォーマンス「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」を披露し、ホロ酔い気味の客たちは大盛り上がりだった。

タイ王国・バンコクで“史上最悪の二日酔い”を体験するフィル(ブラッドリー・クーパー)、アラン(ザック・ガリフィアナキス)、ステュ(エド・ヘルムズ)の珍道中を描く爆笑コメディ。今回が初の映画イベントとなった3人も、六本木界隈をホームグラウンドに毎晩出没しているそうで「3人のキャラが私たちにだだがぶり」(ルーキタエ)、「試合の後は、あざだらけ」(ファンタジスタさくらだ)と酒にまつわる失敗談には事欠かないようだ。

チームを率いるあやまん監督は、「レコーディング中は酔っぱらった状態で、気づいたらCDとジャケ写(ジャケット写真)が仕上がっていた」と昨年12月に発売したデビューシングルの逸話を暴露。現在、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでは同作の無修正&ノーカットバージョンが限定上映されており、「えっ、モザイクなしなんですか?」と興奮気味だった。

ゴールデングローブ賞作品賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞した「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の続編で、全米ではコメディ映画史上最高のオープニング記録を樹立。舞台をバンコクに移しても再び二日酔いで記憶を失くし、予想だにしないピンチに追い込まれた3人が、行方不明になったステュの花嫁の弟を探す。7月1日、全国105スクリーンで封切られた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi