東山紀之、七夕の願いは「給料上げて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月2日 > 東山紀之、七夕の願いは「給料上げて」
メニュー

東山紀之、七夕の願いは「給料上げて」

2011年7月2日 12:58

「小川の辺」初日挨拶に立った勝地涼(左)と藤竜也「小川の辺」

「小川の辺」初日挨拶に立った勝地涼(左)と藤竜也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東山紀之の主演最新作「小川の辺」が7月2日、全国228スクリーンで公開。東山は、共演の勝地涼松原智恵子藤竜也篠原哲雄監督とともに東京・銀座の丸の内TOEI1で舞台挨拶に立った。

この日は、来場者が短冊に記した七夕の願い事を笹に飾りつけ、壇上で披露された。東山は興味津々で、「『勝地涼ガンバレ』って書いてある。よっぽど頑張っていないと思われているんだな」「『(自然肺気胸で入院した嵐の)相葉ちゃんの病気が早く良くなるように』。僕も本当にそう思う」とブツブツ。そして、自らの願い事については「『世界が平和になりますように』と書きましたが、本当の願いは『給料が上がりますように』です」とジョーク交じりに話し、場内から喝さいを浴びた。

藤沢周平の短編小説を映画化した同作は、武士・戌井朔之助(東山)は、藩命で妹の田鶴(菊地凛子)が嫁いだ親友・佐久間森衛(片岡愛之助)を討たねばならなくなったことから、肉親の情愛と藩命の間で苦悩する姿を描く。

東山は、5月17日からキャンペーンで山形、仙台、盛岡をはじめとする東北地方から関西地方にいたるまでを奔走。ロケ地・山形で先行公開初日を迎えた6月18日には、1日に同劇場で20回の舞台挨拶を実施した。総移動距離は9000キロに及んだが「すごいのか、すごくないのはよく分からない」と苦笑い。それでも、「スタッフ、キャストのたくさんの思いが小川となり、大河になることを願っています」と深々と頭を下げた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi