矢口史靖監督最新作「ロボジー」主演は73歳・五十嵐信次郎 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月1日 > 矢口史靖監督最新作「ロボジー」主演は73歳・五十嵐信次郎
メニュー

矢口史靖監督最新作「ロボジー」主演は73歳・五十嵐信次郎

2011年7月1日 07:33

矢口監督最新作のテーマは「がんこジジイとロボット」「ロボジー」 矢口監督最新作のテーマは
「がんこジジイとロボット」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 矢口史靖監督の最新作が、“がんこジジイとロボット”がテーマの「ロボジー」であることがわかった。主人公の鈴木重光を演じるのは、73歳にして初主演デビューを飾る五十嵐信次郎。200人以上のオーディションから選ばれた五十嵐は、ミッキー・カーチスとしても活躍しているが、芸能界デビュー当時からあこがれていた「五十嵐」の名で心機一転、矢口組に参加した。

ハッピーフライト」で航空業界を細部にいたるまで取材した矢口監督が放つ次なる一手は、意外なテーマだった。今作の企画が立ち上がったのは、約5年前。それ以前から興味は持っていたそうで、「ホンダが1996年に発表した(人間型自律2足歩行ロボット)P2を見て、衝撃を受けた。以来、いつかロボットものを撮りたいと思っていた」という。

映画は、弱小家電メーカーの3人組が社長からの厳命で、企業広告を目的にロボットを開発することになる。しかし、発表の場であるロボット博の1週間前に大破。保身でロボットの中におじいちゃんを入れて出場したところ、見たことのない動きをすると評判を呼び、一躍、人気者として注目を浴びることになってしまう。

主演の五十嵐は、子どものころに“外国人”としていじめられた経験があるだけに、日本人名でのデビューを望んでいたそうで、今回は念願の夢が成就。これまでのキャリアをかなぐり捨ててオーディションに臨み、矢口監督のハートを射抜いた。主役の座を勝ち取ったと連絡を受けた際は、「バリバリテンションが上がりました。本当に、純粋にうれしい瞬間でした。台本も今までにない内容で、撮影中もずっとワクワクして楽しんでいました」と振り返る。

撮影は、1月から北九州と下関で行われ、雪が降るほどの寒さだったという。ロボットは、五十嵐の全身をくまなく採寸し、繊維強化プラスチックFRPを使用して制作。全身タイツ1枚で装着する必要があったそうで、矢口監督いわく「ほとんど老人イジメですよ」。五十嵐本人も、撮影初日には「これは無理だ……」「けい動脈が苦しい」とぼやき節だったが、2月のクランクアップまで演じきった。

ロボット本体も、矢口監督がデザインを手がけるなど徹底的にこだわり抜いた。スバル360を意識したといい、「みすぼらしい中古感覚を出したかった。背中はガスの湯沸かし器、胸はガスメーター、頭は古い電気釜を意識した。廃材をゴミ捨て場から探してきて、よりリアルに作った」と胸を張る。そして矢口監督は、時代を逆境した大きな決断をくだす。「合成や特撮、CGは一切やらないと決めた。あえて手づくりで手間のかかる作業を選んだが、結果的に良かった。これよりもおかしな映画は撮れない」。

共演陣もバラエティ豊富な人材がそろった。ヒロインはロボットおたくの女子大生・葉子という役どころで、吉高由里子を起用。矢口監督が「本人の持つ変態度が尋常じゃない。僕の映画にぴったり」と絶賛している。ロボット開発を命じられる3人を濱田岳川合正悟川島潤哉。ほか、田畑智子和久井映見小野武彦らが出演。

ロボジー」(http://www.robo-g.jp)は、2012年初春に全国で公開。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る