「JUNO ジュノ」脚本家ディアブロ・コーディが監督デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月30日 > 「JUNO ジュノ」脚本家ディアブロ・コーディが監督デビュー
メニュー

「JUNO ジュノ」脚本家ディアブロ・コーディが監督デビュー

2011年6月30日 17:01

人気脚本家が監督デビュー「JUNO ジュノ」

人気脚本家が監督デビュー
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「JUNO ジュノ」でアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞したディアブロ・コーディが、初めてメガホンをとることが明らかになった。

米Deadlineによれば、コーディは自ら脚本を執筆したコメディ「Lamb of God(原題)」で監督デビューを果たす。同作は、若く保守的で信心深い女性が、飛行機事故の後に信仰を失い、ラスベガスで道徳を捨てた生き方を決意するが、やがて再び信仰を取り戻すというストーリーだ。

映画化権を獲得したマンデート・ピクチャーズの代表ネイサン・カーヌ、コーディ、メイソン・ノビック(「(500)日のサマー」)がプロデュース。3人は、コーディが脚本を手がけた「JUNO ジュノ」「Young Adult(原題)」に続く、3度目の顔合わせとなる。

「Lamb of God」は、撮影に向けて早急にキャスティングが進められる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi