10年の歴史で振り返る「ハリポタ」最終章の特別映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月30日 > 10年の歴史で振り返る「ハリポタ」最終章の特別映像
メニュー

10年の歴史で振り返る「ハリポタ」最終章の特別映像

2011年6月30日 12:00

ついに10年の歴史がクライマックスを迎える!「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

ついに10年の歴史がクライマックスを迎える!
(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R.
HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND
RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND
(C) WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] J・K・ローリング原作のベストセラーファンタジー小説を映画化した、人気シリーズの最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の特別映像が、このほど公開された。

第1章「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001)から約10年にわたり、全7作品が映画化された。最終章はデビッド・イェーツ監督がメガホンをとり、物語を細部まで再現するため前後編2部作で製作。前作「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」(10)は興行収入68億5000万円を記録し、シリーズ7作品合計で863億5000万円を突破した。

ヴォルデモートの野望を阻止するため魔法界を奔走したハリーたち3人が、ヤミの勢力の支配下に置かれたホグワーツ魔法魔術学校に戻る。シリーズ最終章となる同作では、“生き残った男の子”ハリーとヴォルデモートとの最終決戦を、シリーズ初となる3D映像で描く。

特別映像は、第1章でダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター役)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー役)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー役)の3人が行った初スクリーンテストから、同シリーズの10年の歴史を振り返る。3人のあどけない表情と、シリーズを通して体験する冒険のダイナミックな映像の対比が印象的だ。

全シリーズの製作を手がけたデビッド・ヘイマンは、「これほどの社会現象になるとはね。何よりも幸運なことは、キャストに恵まれたことだ」と述懐。一方、全シリーズでハリー役を演じてきたラドクリフは、「複雑なストーリー展開にワクワクする」とアピール。ハーマイオニーとしてハリーを支えてきたワトソンも、「このシリーズが子どもたちにずっと愛されてほしい」と語った。

あわせて公開となったメインキャラクターの最新ビジュアルは、ハリーには「最大のピンチがハリーを襲う。」、ヴォルデモートには「最悪のシナリオが動き出す。」、ハーマイオニーには「最愛の仲間たちの結末は?」、ロンには「最終の対決がついに決着。」という最終章にふさわしいキャッチコピーが添えられている。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は、7月15日から3D・2D同時上映で全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi