「トランスフォーマー」ヒロイン、M・ベイの第一印象は最悪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月28日 > 「トランスフォーマー」ヒロイン、M・ベイの第一印象は最悪
メニュー

「トランスフォーマー」ヒロイン、M・ベイの第一印象は最悪

2011年6月28日 13:18

ホワイトレイとM・ベイ監督「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」

ホワイトレイとM・ベイ監督
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優ミーガン・フォックスに代わり、シリーズ第3弾「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」の新ヒロインに抜てきされた、モデル出身のロージー・ハンティントン=ホワイトレイが、マイケル・ベイ監督との初対面を振り返った。

米GQ誌のインタビューに応じたホワイトレイによれば、ベイ監督と初めて顔を合わせたのは、2009年のビクトリア・シークレットのコマーシャル撮影現場。セクシーな下着にケープ、ハイヒール姿のホワイトレイに近づいてきたベイ監督は、自分の名を名乗ることも、ホワイトレイの名を尋ねることもなく、「キミ歩ける?」と質問したという。

ホワイトレイは、「“この男、何言ってるの?”と思いながら“もちろん歩けるわ”と答えた。そうしたら、彼はスタッフに私を車に乗せるよう指示して、私はそのまま連れて行かれたの」と告白。「“冗談でしょ?”と思った。そうしたら、砂漠の真ん中にいきなり放り出されたのよ」と打ち明けた。

ホワイトレイが戸惑っていると、ベイ監督は「僕たちがアクションと叫んだら、キミは歩かなきゃいけない」と話し、「アクション!」と叫んだという。ホワイトレイは、猛暑のなか「“どうすればいいの?”と思いながら、カメラのある場所に向かって歩いた」そうだ。ベイ監督の横暴ぶりに、「かなりムカついた。私がだまってマイケルを見たら、彼は“これでキミが歩けることは分かったよ”と言ったの」と明かした。

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」は7月29日から日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi