「ブラック・スワン」監督&脚本家がFacebook版「危険な情事」でタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月27日 > 「ブラック・スワン」監督&脚本家がFacebook版「危険な情事」でタッグ
メニュー

「ブラック・スワン」監督&脚本家がFacebook版「危険な情事」でタッグ

2011年6月27日 11:45

Facebookが舞台のスリラーをプロデュース「ブラック・スワン」

Facebookが舞台のスリラーをプロデュース
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ブラック・スワン」(公開中)の脚本家、マーク・ヘイマンが執筆した新作脚本がハリウッドの注目を集めている。

世界最大のSNS「Facebook」を舞台に繰り広げられるスリラー「XOXO」で、「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督がプロデュースを手がける。20代の男がFacebookで同年代の女と出会い、ネット上の関係を築くが、やがて女がストーカーと化していくというサイコスリラー。 Facebook版「危険な情事」といった内容だ。

「XOXO」ではFacebook以外にも、ストリーミングやその他のソーシャルメディアがモチーフとして使用され、ネット上の人間関係の危うさが描かれる。米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、現時点ではまだ製作にゴーサインは出ていないが、複数のスタジオが興味を抱いているという。

ブラック・スワン」のヒットで一躍注目されたヘイマンは現在、「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督の新作「Age of Rage」の脚本執筆にもあたっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi