小日向文世“共演女優”NG連発も「許しちゃう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月25日 > 小日向文世“共演女優”NG連発も「許しちゃう」
メニュー

小日向文世“共演女優”NG連発も「許しちゃう」

2011年6月25日 14:16

サモンにメロメロ「犬飼さんちの犬」

サモンにメロメロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 犬嫌いの主人公と飼い犬の交流を描く「犬飼さんちの犬」が6月25日、全国34スクリーンで封切られ、小日向文世ちはる小野花梨矢部光祐亀井亨監督が東京・新宿のシネマスクエアとうきゅうで舞台挨拶を行った。この日は、出演したメスのサモエド犬も登壇。小日向は「本当にかわいくて癒された。NGも許せちゃうし、一度も腹が立つことはなかった」とメロメロだった。

今年1~3月にテレビ放送されたドラマの劇場版。犬嫌いのサラリーマン・犬飼保(小日向)が、単身赴任中に家族がこっそり飼い始めたサモエド犬の「サモン」と悪戦苦闘しながら、きずなを深める姿をハートウォーミングに描く。ドラマでは描かれなかった、犬飼が犬嫌いになった理由も明かされる。

小日向は「大した事件も起きない他愛ない話ですが、ホッコリした気分になってもらえれば」とアピール。実生活では“キナコ”と名づけたトイプードルを飼っているが、「撮影中はキナコが目に入らなかった。完全に浮気ですね。僕自身、サモンと仲良くなっていく姿を撮ってもらっただけ」。亀井監督は「テーマは笑顔。感動をこじつけたりせず、小日向さんとサモンに自然体で笑顔になってほしかった」と振り返る。

現場に立ち会ったドッグトレーナーは「犬は学習能力が高く、すっかり注目されることに目覚めてしまった。きっと次の出演オファーを待っているはず。撮影がうまくいったのは、キャストの皆さんが歩み寄ってくれたから」とサモンの気持ちを“代弁”。撮影中は、キャスト陣がサモンの取り合いを繰り広げたそうで「毎回、大騒ぎ。でも僕がひとり占めしたかった」(小日向)と最後まで目尻が下がりっぱなしだった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi