「ザ・ファイター」監督の新作めぐり、トップ女優たちが火花 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月24日 > 「ザ・ファイター」監督の新作めぐり、トップ女優たちが火花
メニュー

「ザ・ファイター」監督の新作めぐり、トップ女優たちが火花

2011年6月24日 14:51

主演級女優から大人気「ザ・ファイター」

主演級女優から大人気
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞7部門にノミネートされた「ザ・ファイター」のデビッド・O・ラッセル監督がメガホンをとる新作「The Silver Linings Playbook(原題)」に、若手女優たちが名乗りを上げている。

同作は、ラッセル監督とワインスタイン・カンパニー、俳優マーク・ウォールバーグという「ザ・ファイター」チームが再び結集。精神病院に4年間入院していた元高校教師のパット・ピープルズ(ウォールバーグ)が、退院後に母が住む実家に戻り、人生に希望を見出そうとする姿を描く。

空席となっているのは、主人公の相手役。夫を亡くしてウツ状態となり、次々と性的な相手を求めるうちパットと親しい関係になる女性という、重要な役どころだ。

米ハリウッド・レポーター誌によれば現在、エリザベス・バンクスキルステン・ダンストブレイク・ライブリールーニー・マーラレイチェル・マクアダムスアンドレア・ライズボローオリビア・ワイルドジェニファー・ローレンスといった主役級女優たちが、ラッセル監督のスクリーンテストを受けている。

「The Silver Linings Playbook」は、8月クランクインを予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi