M・フォックス解雇はスピルバーグの指示 M・ベイ監督が暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月22日 > M・フォックス解雇はスピルバーグの指示 M・ベイ監督が暴露
メニュー

M・フォックス解雇はスピルバーグの指示 M・ベイ監督が暴露

2011年6月22日 11:18

降板はスピルバーグのせい?「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」

降板はスピルバーグのせい?
写真:Fame Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ第3弾「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」からミーガン・フォックスが降板した真相について、米GQ誌が関係者の証言をまとめた記事を掲載した。

フォックスが、2年前に英ワンダーランド誌のインタビュー中にマイケル・ベイ監督を批判するコメントをしたのがきっかけであることは変わらないが、もともと彼女の勤務態度には問題があったと関係者は口をそろえている。

また、解雇を決定したのは製作総指揮のスティーブン・スピルバーグであり、自分ではなかったとベイ監督は証言。「彼女は現場ではいつも別世界にいたよ。いつもブラックベリーに夢中でね。それに、例のヒトラー発言があった。あれで、スティーブンに『すぐにクビにしろ』と言われたんだ」。問題となったフォックスの発言は、「彼(マイケル・ベイ監督)は現場でヒトラーになろうとしていて、実際にその通り。一緒に仕事をするのはまさに悪夢よ」というもの。

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」には、モデル出身のロージー・ハンティントン=ホワイトレイが新恋人役として出演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi